NIPPON終活サポートセンターいいですよ。

終活あれこれ

昨年からなんですが、一般社団法人NIPPON終活サポートセンターのメンバーと協力して仕事をしています。

ここのメンバーはそれぞれの分野でホントにプロフェッショナルな方達のグループで、この実績、ノウハウは一般の終活を考えている方やその家族はもちろん、介護施設、医療施設、仕業の方などいろいろな分野でホントにお役に立てます。月に2回の定例ミーティングをやっており、そこでどんな事例があったか、どのように対応したか。喜んでもらったなどの報告が始まった頃よりもどんどん増えてきています。直接その案件に関わらなかったメンバーも、あー、こんなお困りごとがあって、その解決をどのようにして、お客さんや取り巻きの方に喜んでもらえるんだ、という気づきを多く得ています。

介護相談、老人ホーム紹介、介護リフォーム、物品撤去処分、買い物付き添い、相続相談、葬儀関係全般、登記、もめごと介入、申告、いろんなジャンルの相談が来ます。

昨日の事例共有でメンバーながら驚いたのが、葬儀の手配をすべてしてあげて、海外に住んでいるご子息が日本に帰国する数ヶ月の間、お骨お預かりサービスがあるんです。多分他の一般的な会社だったらそういうのやってくれないんだと思います。自分の所属しているグループだから思うのかもしれませんが、我々はかなりのお役立ち集団だなーと感心してます。

これはまた別の案件でしたが報告は下記のようなものでした。

本日、埼玉県内にございます介護施設(グループホーム)にて、お部屋の荷物撤去作業を行って参りました。

私たち、NIPPON終活サポートセンターは、こうした作業もワンストップで承り、丁寧に作業をさせていただきます。
もし、こういった作業でお困りの介護施設がございましたら、お気軽にご相談いただけたらと思います。

下記の写真の左側が作業前、右側が作業後になります。
ご依頼をいただき作業をさせていただきましたが、実際の荷物は相当量ありまして、軽トラック一杯分になりました。

急な対応もやってくれます。

一般社団法人NIPPON終活サポートセンターの考えを記載しておきます。

今回は私たち、NIPPON終活サポ―トセンターの
ご紹介をさせていただきます。

「終活」という、漢字にしたらたったの2文字
ですが、その意味や内容を説明しようとすると、
漠然としていたり、どこからどこまでが
終活なのか、実際どんな事例があるのか、
当事者でない限り、なかなか把握するのが難しい
ところも多々あるかと思います。そこで私たちは、「終活」というものを少しでも分かりやすくご理解いただけるよう、説明をさせていただきます。

「身元引受」ご契約者様の退院の立ち合い|一般社団法人NIPPON終活サポートセンター

埼玉県内の病院に入院されていらっしゃいました、私たち NIPPON終活サポートセンターの「身元引受」をご契約している方が退院されるとの連絡がありまして、立ち合いを致しました。
生活保護を受けられている方ですので、かかった医療費等は行政の福祉課担当の方に報告をして、処理をすることになります。

こうして、私たちNIPPON終活サポートセンターは、身寄りのない方の「家族の代わり」としても活動を致します。
これからお一人様が増えていく時代。
我々が偉そうに言うことではありませんが、本当に困っている方に少しでも手を差し伸べ、誰もが円滑に生活できる環境を創っていければと願っております。

具体的な作業例ですが、

  • 介護施設の方が車イスと介護タクシーでお迎えに来て頂き、ご本人の送迎と荷物の運搬は施設の方が対応。
  • NIPPON終活サポートセンターでは、病院への支払い(医療費以外の実費分)を契約しているご本人の通帳(小口)から支払い対応。
  • 生活保護の方は「医療費免除」なので、医療費の請求については直接病院から行政の担当窓口に請求。

上記のような作業例になります。

もし何かしら上記のようなことでお困りごとがございましたら、24時間365日電話対応をしております、私たちNIPPON終活サポートセンターへお気軽にご相談ください。

なんかいろいろお客さんや、施設の方や、取り巻きの方々に喜んでもらえてるって嬉しくなりますね。最初は疑いの目だけを向けられてスタートすることが多いのですが、その後仕事を依頼いただき、最後には~さんに頼んで本当によかったと言ってもらえるとものすごく励みになるんですよねー。いろんなドラマがあるし。ヨシ、明日もがんばろう!俺。

株式会社リバティエステート

#不動産売却 #相続手続き #相続相談 #遺産分割協議書作成 #春日部 #越谷

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました