もう会いたくない!兄弟の縁を切ります!

相続のはなし

みなさんこんにちは、あなた目線の不動産会社、リバティエステートの加治木(かじき)です。お魚の名前の人ね と覚えてください。うちの会社は不動産の売買、仲介をしておりますが、それ以外にも相続相談、相続手続きをしております。このブログでは、実際の相続のトラブルや、相続手続きで困っていることの事例をシェアをしておりますので、相続手続きに関して同じような事でお悩みのかたの一助になれば幸いです。

もう会いたくない!

相続相談、相続手続きをやっている中で多いのが、相続人同士の不仲です。もちろん仲がよければ相続トラブルは発生しないんでしょうけどね。手続きがスムーズに進まないケースがホントによくあります。今回ご紹介するケースは、相続が発生し、手続きをいろいろしなければいけないんだけど、もう1人の相続人であるお兄さんと会いたくないので、相続手続きについて他に方法ありませんか?というものです。

親が亡くなったのを教えてくれなかった!

相続相談、相続手続きにおいて、だれか1人だけの話だけでは、誰が正しくて誰が間違っていると言えないことが多いものですが、今回の相続相談のいきさつを説明します。相談者さんの元々の家族構成は父、母、息子、娘(以下Aさんと呼びます)の4人家族で、息子さんが親御さんと暮らしていて、Aさんは結婚して少し離れたところに住んでいました。そして数年前からお父様は痴呆で施設に入っていたそうです。Aさん曰く、兄弟の仲は別に悪くなかったとのことですが、3年前にお母様が亡くなったときに、そのことをお兄さんから知てせてもらえず、葬儀にも出れなかったことがすごく心残りでした。

なんで教えてくれないの?

お母様が亡くなって、葬儀が終わってからお兄さんから電話があり、お母様が亡くなったことを知らされたそうです。そして相続手続きをしなくてはならないので必要なものを用意してとの話がありました。Aさんは何でお母さんが亡くなったことを教えてくれなかったの?と聞くと、お母様から教えるなと言われていたからとのことでした。でもAさんはお母様と仲がよく、生前から息子夫婦との折り合いが悪いことを聞かされていたので、それは嘘だと思ってました。

用意周到ね・・・

お兄さんが教えてくれなかったのは相続財産に理由がありそうだと感じてはいたが、ふつう親戚の人からお母様が亡くなったことの連絡が来てもおかしくないでしょと思って、Aさんは親戚の方々に電話をしたそうです。そうしたら驚いたことにお兄さんからあることないこと嘘ばっかりの話で、Aさんが凄い悪者にされていたそうなんです。

預金通帳みせてくれないってどういうこと?

葬儀後、お兄さんへの不信感から、相続手続きのにあたり相続財産は何なのかとか、母の預金通帳を見せて欲しいと言ったところ、通帳は見せない、お金は無いからと言われました。お母様がお金を多く貯めていたのは知っていたので、お兄さんに内緒で金融機関に確認したところ、あるはずの貯金が全部無くなっていたことが分かりました。Aさんはお兄さんが信用できず相続手続きに協力しないまま・・・

そして最近になりお父様もお亡くなりに・・・

そして時間がたち、少し前にお父様もお亡くなりになったそうです。そしてまたお兄さんより相続手続きの話が来たので、今回の相続手続きをもってお兄さんとの家族の縁を切るべく当社にご相談にいらっしゃいました。ただ、お母様がお亡くなりになったときの事を考えると、Aさんの体調が悪くなってしまうので、一切お兄さんに会わないで相続手続きを進めたいとの相談でした。Aさんは特に相続財産がなくてもいいが、お兄さんが勝手にお母様の財産を食い潰してしまったのか、嘘を言っているのか真相を知りたいとのことで、うちのメンバーの弁護士がAさんをサポートして行くことになりました。

 

相続手続きのトラブルもいろいろな場合がありますが、やはりそういう時って相手と会いたくないんですよね。でも相続手続きは進めないとならい。相続手続きを進めないと税金の問題が出てくるかも知れませんし、そのままにしておくと子供達に迷惑がかかったり。

 

ご自身達で解決できるのが一番よいのですが、そういかない場合も多いです。そんな時は私どもの事を思い出してください。相続手続きの相談、いつでもお待ちしています。1人で抱え込まないで大丈夫ですよ。

 

株式会社リバティエステート
https://www.libertyestate.jp/

#相続手続き#相続相談#トラブル#遺産分割協議書作成#不動産売却埼玉#春日部#越谷

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました