【相続手続き③】~施設と介護のあれこれ~

こんにちは。

あなた目線の不動産会社、

リバティエステートの加治木(かじき)です。

 

このところ朝晩は寒くなってきましたね~。

私は数日前に風邪を引いてしまいました。

もう治りましたが。

 

みなさんおとといのボクシング、

井上戦見ました?

すごかったですね。

早い段階でKO予想されていましたが、

対戦相手のドネア、強かったですね~。

もっとパンチをいくつかくらっていたら

井上がKOされててもおかしくなかった試合でしたね。

今後は海外でも有名になっていくんでしょうね。

 

ところで相続・手続き。

 

相続が発生すると

おのずといろんな手続きが必要になります。

 

また、

お亡くなりになる前にも

いろいろなことがあったりするので

相続・手続き以外のことにも

少し触れときますね。

 

うちの会社は

一般社団法人NIPPON終活サポートセンター

というところに加盟していて、

そこではいろんなサービスを提供しています。

 

相続・手続きではないのですが、

高齢者の一人暮らしは危ないとか、

認知症が進んで

家族の介護では難しくなってきたりすると、

やはり介護施設に入ろうかなと

考えている方が多いんですね。

 

家族が考えている場合と

ご自身で考えている場合と両方あります。

 

認知症の方の介護は大変です。

とくに老々介護の場合はもっと大変。

 

最近もありました。

痴呆が進んできているご主人を、

週に何回か透析に病院通いをしながら

奥様がめ面倒を見ている。

 

大変だろうな、お子さん達はどうしてるんだろうと

気になってしまいました。

やはり何かしらの施設のお世話になることも

出てくると思うんですよね。

 

相続・手続きではないのですが、

知っておいて欲しいことがあります。

 

そういう施設の中には

やはり善し悪しがあるんです。

 

施設によって

そこで暮らす方の幸福感に大きな差があります。

一方は一見よさそうに見えているんだけど

職員の教育や休みの体制が整っておらず、

何か問題があったり、

一方は職員の人数もしっかりいて、

職員の教育訓練もしっかりされている。

そういったところで

暮らされている方々は笑顔が多いですね。

 

あまりよくなさそうなところだと、

生活している方々の表情がない感じ。

 

個人差もあると思いますけど、

施設を選ぶ際は

そういったところを見るのは大事です。

 

うちはそういった介護施設の紹介もしております。

その人それぞれ状況が違うと思います。

認知の有無によっても違うし、

介護認定の状況によっても違うし、

病気の有無、種類によっても違うし、

予算によっても違うし、

 

お亡くなりになるまで

見てくれないところもあるし、

ご家族が会いに来れる範囲も

ある程度あると思います。

 

なのでいきなり施設に入っても

その人に合わない場合も多いですし、

入れるとしても

本当にそこがいいのかはわかりませんよね。

 

大金をはらってはいるわけですから、

なにか問題があるようなところにも

入れたくないですよね。

 

なのでそのためにうちのサービスがあります。

お金がかかるわけではないので、

是非セカンドオピニオンでもいいのでご相談ください。

 

そして施設に入るときによくあるのが、

身元を引き受けしてくれる人がいないと

施設に入れないということがあります。

 

ご家族がしっかりしていればいいんですが、

ご家族がいない場合もありますし、

ご家族と仲が良くなく頼めない場合もあります。

 

そういった場合にも対応できるように

うちの加盟してるサポートセンターでは

身元引き受けサービスを行っています。

 

相続・手続きだけではなく

こういったサービスを行っていて、

すごく喜ばれています。

 

これは施設に入る本人にも、

施設側の人のも喜ばれています。

 

あとは後見人を付けている場合もあります。

弁護士や司法書士の方々が

なったりしているのですが、

これはなかには

しっかりやってくれない方々もいるんですね。

 

本人が連絡しても

全然連絡がつかない場合もありました。

そういった場合本人も施設も困るので、

うちのサポートセンターに切り替えていく

という施設も出てきています。

 

相続手続き以外にもいろいろやっています。

もちろん相続手続きのご相談はやってますので、

お気軽にお声がけください。



また続きは次回にします。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. カツオ より:

    介護とかで生活スタイルが大きく変わることが予想されるので、毎日の家族とのやり取りを大事にしたいと思えたブログでした。

  2. k.k より:

    日々なにげなく過ごしてること、行ってることの意味
    改めてわかりました(^^)
    御社の優しさ感じます。

タイトルとURLをコピーしました