相続と手続き

こんにちは、あなた目線の不動産会社、リバティエステートの加治木(かじき)です。最近朝晩はめっきり寒くなってきましたね~。まわりでも風邪をひいている方をよく見るようになってきました。

本格的に冬になりますと良く話を聞くのが、寒冷の温度差で高齢者が倒れてしまうなんてこと良く聞きますよね。そしてホントに急にお亡くなりになってしまうケースがあります。わたし自身も気をつけないとです。

急になくなってしまうと出てくるのが相続・手続きです。あまり考えたくない事なんですけどね。仕事の関係上かきますね。まず相続が発生するといろいろな相続・手続きがひつようになってきます。まずは病院のしはらいですね。そして葬儀ですね。急なことで気持ちもからだもばたばたしているときにどこで、いつ、いくらで、どのように、(信仰のによってはいろいろと考えないとならないこともあるでしょう)誰を呼んで、泊まりに来る親戚の手配、誰に来てもらうのか、親戚、会社関係、友人、愛人??だれがどういう関係なのかわからないままどんどんすすめなきゃならないですね。わたしは一般社団法人終活サポートセンターに所属しているので、考え得る様々な手続きをサポートしているんですが、ほんといろいろ相続・手続きってあるんです。葬儀をなんとかおえたら今度はお墓ですね。職業柄ご家族に深く関わっていくんですが、お墓もいろいろ大変なんですよ。流派のこと、墓守はだれがやるの?とか、お墓遠いとお参りに行けないとか。お墓のおひっこしのサポートもするんですよ私。お墓も金額いろいろです。安いのから高いの。ここまででも考えると疲れちゃいますよね、相続・手続き。

そして次は支払いについて。いろいろ費用がかかるんですが、その支払いってだれがするの?だいたいそういうときのイメージって亡くなった方の口座から払うもんだと考えますよね。それでもいいんですけど、今から大事なことを言うのでおぼえといてくださいね。亡くなったことを銀行に言うと、亡くなった方の口座は凍結され、遺産分割協議書類がそろわないと勝手に使うことができなくなります!なので、準備をしていなかった人は、それを銀行に伝える前にカードであるていど現金を出しておいた方が良いと言うこと。ただそのお金を自分の私用につかっちゃっちゃーだめですよ!相続人が複数いる場合もめる原因です!でもそれをしらないで銀行に言っちゃうとその口座のお金が動かせない。そうするとだれかが仮払いする必要が出てきます。中にはお金に余裕がない人もいるかもしれません。お金がない場合はいち早く相続・手続きが必要です。まずは相続人で相談し、遺産分割協議書を作成ですね。問題なくスムーズに作成できれば何も言うことはないのですが、スムーズにいかない場合の多いこと多いこと。本当はうちは相続・手続きが発生する前に相談いただきたいんですが、問題が発生してから相談いただくことがよくあります。遺産分割協議書作成の際も司法書士に頼むとまあまあな金額がかかります。うちはご自身で申請をしていただく前提で、相続・手続きサポートの一環で遺産分割協議書作成のお手伝いを格安で行っています。(難しい場合はお手伝いできない場合もありますが)また、家族間でもめてる場合もあります。なかなか話がすすまない。ありますよね。そんなときもうちが介入していったりします。直接話すと近い関係だからこそこじれることがあります。弁護士に頼むと結構かかりますよね。でもうちは格安です。そんなこんなでやっと遺産分割協議書類がそろえばやっと故人の銀行口座のお金がつかえる。でもそこに至るまでに良くあるのが、相続・手続きで、だれがいくら?だれが何を?相続する?この家は?でもこの家土地は親父名義だけど建物は俺が建てたんだぜ!とか、親の看病をしたのはだれだと思ってんの?とかいろんな言い分がでてくる。そして実際の子供達が言うのであればまだしも、そこにそれぞれの配偶者や、亡くなった方の兄弟姉妹が出てきたりします。たいへんですねーそうなったら。相続・手続きはホント大変。相続・手続きのしごとにたずさわってると、勉強させてもらってるんだなとつくづく感じます。そしてこれを必要な人に役立てていきたいなと思ってます。

相続・手続きについてまだまだ書きたいことがあるんですが、終わらないので次回に書きます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

  1. ケンカ嫌い より:

    ウチは兄弟が多いのでもめそうです・・・
    格安でして頂けるのには理由があるのですか?

    • kajiki より:

      弁護士や司法書士に頼むと比較的高い金額になります。うちはいろいろ扱ってきたので、難しいものでなければ費用を抑えたお手伝いができます。

タイトルとURLをコピーしました