北海道に行ってきました。

社長のつぶやき

少し前に北海道行ってきたんですよ。北海道っていいですねー。初めて行ったんですけどね。何がいいって、まず夏で暑いはずなんだけど、湿度が低いのでカラッとしててすごく気持ちよかったです。関東にいると湿度が高いのが普通なので、こんなところもあるんだな、すごくいいところだな、住んでみようかなと一瞬だけ考えました。ですが冬の雪のことを考えるとそんな妄想は一瞬で消え去りました。

北海道はやっぱり魚がおいしいね。

1泊2日でバタバタ仕事をしてたため、1日目はおいしいものにはありつけなかったんですが、2日目のお昼に小樽でおすしを食べました。どこに行けばいいのかわからずに、グーグルで調べた一番最初に出てきたところに行ってみました。お店の構えは立派で金額も書いてなかったので大丈夫かなと思いながら中に入ると結構大きな店で、2階に通されぐんぐん進んでいくと、広いカウンターとテーブル席が10テーブルくらい。そんなに広い店なのになんと客は私一人。帰ろうかなとも思ったんだけど、向こうにとってはせっかくのお客なので、帰るのは悪いかなと思いとどまりました。カウンターに座るかテーブルに座るか考えていると、大将らしき人がでてきて折角だからカウンターにどうぞと言われカウンターに。メニューを見て何食べようかと選んでいて、おすすめランチ1500円にしようかと考えていた時、大将が折角だからおまかせにぎりコースどうですか?と言いました。私はそうですね。そうしよっかなーと言いながらメニューを見ると 「おまかせにぎりコース4000円」とかいてあるじゃないですか。その時いろんな考えが頭の中を巡りました。
・えー、ランチで4000円。たけー!
・やっぱりおすすめランチ1500円にしようかな、でもそうするとお金無いんだなと思われるのはやだな。
・この広いお店をやっていくのに、私1人しかお客がいないんじゃやってかれないでしょ。ここは一つ私が4000円のコースをいただくことによってすればお店の人もすごく喜んでくれるはず。
・etc~

結局ええかっこうしいの私は4000円のコースで、と余裕ぶって言ってしまいました。でもやっぱり北海道のお魚はおいしいね。半分ぼったくられたつもりでいたんですが、いざ大将が出してくるにぎりを食べるとそれがおいしいことおいしいこと。一つ一つネタの説明をしてくれてそれを聞きながら食べると一層おいしく感じました。もう何を食べたか忘れましたが。

広いお店に大将とおかみさんと私だけの不思議な空間の中で口数少なめな大将が、私の住んでいる埼玉県春日部市にお世話になった兄弟子がいるとのことで話が少しもりあがり、折角の北海道にいながら埼玉県春日部市に思いをはせながらお寿司をいただきました。


すごくおいしくいただいてよかったなーと思いお勘定を済ませ外に出て、レンタカーで少し行くともっと安そうなお店がいっぱいあって、そっちにすれば良かったなーと出てくる内面の言葉に、あれで良かったんだあれで・・・と自分に言い聞かせながら小樽港を後にしました。

あと、北海道は人もいい!

北海道の人は優しいですね。なにげに入ったコンビニで道を聞いたらお店の外まで出てきてくれて、あっち行ってこっち行ってと丁寧に教えてくれて。このコンビニの店員さんが特別に対応が良かったんだろかと思っていたんですが、調査で札幌市役所に行ったら、行く部署行く部署の担当者がみんなすばらしく対応してくれて、私の北海道の人の印象がすごくよくなりました。気候もいいし、食べ物もおいしいし、人もいいので、また来たいと思わせてくれるところでした。今回は一人だったのと、仕事だったので、少ししか楽しめなかったのと、行きたいところに行けなかったのが悔やまれます。今回はレンタカーで動いてたんですが、いろいろ見て回れるだろうと思っていたんですが、やっぱり北の大地は広いですね。行きたいところがあってもちょっと行って、サッと帰ってくるみたいな距離じゃないんですね。ドラマの「北の国から」で出てくるような富良野の自然でも見に行こうかなと思ってましたが考えが甘かったです。

なんかつらつらと北海道のよかったところをあげていたら、今回なんで北海道に行ったか説明するのを忘れてしまいました。今から書こうかと思いましたが、お腹がすいたのでまた次にします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました